奨励賞受賞記念講演

一般公開(無料)

奨励賞受賞記念講演

9月11日(日) 14:30 ~ 15:30
司会: 池田 豊應 先生

「今ここ」にある過去


田中 秀男 先生(関西大学)

「今ここ (here and now)」は、人間性心理学において「伝統的かつ中心的テーマの一つ」(佐々木, 2007) と言われています。しかし、「今ここ」の捉え方は、人間性心理学の研究者・実践家間でも異なっているのが現状です。本講演では、ユージン・ジェンドリンらによる研究結果 (Gendlin et al., 1960) や彼の哲学概念「遡及的過去 (retroactive past)」 (Gendlin, 1991) をもとに、「今ここ」で新たに意味づけされる過去について検討します。検討をもとに、カール・ロジャーズやフリッツ・パールズの著作 (Rogers, 1970; Perls, 1973) における「現在」と「過去」との関係を考察します。考察により、「今ここ」の重要性が人間性心理学会において語り合われるための、ひとつのきっかけとなれば幸いです。

配布資料
講演者紹介

田中 秀男(たなか ひでお)

関西大学非常勤講師、博士(心理学)
国際フォーカシング研究所認定フォーカシング・トレーナー

略歴

1996年 法政大学社会学部卒業
2014年 関西大学大学院文学研究科修士課程(哲学専攻)修了
2018年 関西大学大学院心理学研究科博士課程(臨床心理学専攻)修了

主要著書

ジェンドリンの初期体験過程理論に関する文献研究」単著, 『明治大学図書館紀要』8, 56-81, 2004.
“待ってくれる”人、ジェンドリン:30分の幸福な面会時間を振り返って」単著, 『日本フォーカシング協会ニュースレター』, 8(1), 4-6, 2005.
『ロジャーズ主要著作集第2巻 クライアント中心療法』共訳, 岩崎学術出版社, 2005.
ジェンドリンの心理療法研究における過程変数」単著, 『心理学叢誌』16, 105-11, 2016.